HOME
 ●御挨拶
 ●役員
 ●規約
 ●加盟校
 ●優勝記録
  関西学生リーグ戦
  関西学生選手権
  関西学生新人
  全日本大学(個人)
  全日本大学(団体)
 ●試合記録
 ●年間事業
 ●リンク集

 ◆関西学生卓球連盟規約

第 1 章   総     則

(名   称)
第1条 本連盟は関西学生卓球連盟(KANSAI STUDENTS TABLE TENNIS FEDERATION)
    と称し、卓球界における関西学生競技団体を代表する。

(地域及び代表権)
第2条 本連盟は日本学生卓球連盟規約に基づき関西地区(大阪府・京都府・
       兵庫県・和歌山県・奈良県・滋賀県)の加盟校を総括し、関西学生
       卓球競技団体を代表しその支部にはいる。

(本部の所在地)
第3条 本連盟の本部を大阪府に置く。

(目   的)
第4条 本連盟は加盟校相互の親睦をはかり学生スポーツの精神を遵守し、
       心身共に錬磨して学生卓球の普及と健全なる発展に寄与することを
       目的とする。

(各府県との協力)
第5条 本連盟は日本卓球協会に基づく各都道府県所在の組織に協力する。

第 2 章   事     業

(事業内容)
第6条 本連盟は次の事業を行う。諸規則は事業実施細則に定める。
 1.関西学生卓球春季リーグ戦    年1回
 1.関西学生卓球秋季リーグ戦    年1回
 1.関西学生卓球選手権大会     年1回
 1.関西学生卓球新人大会      年1回
 1.会長杯争奪卓球大会       年1回
 1.関西学連交流卓球大会      年1回
 1.東海・関西対抗学生卓球大会   年1回
 1.日本学生卓球連盟主催の各大会の関西地区予選
 1.関西学生卓球ランキング作成および発表
 1.関西学生卓球総合ランキングの作成および発表その他本連盟の
     目的達成に必要な事業

第 3 章   構     成

(構 成 員)
第7条 本連盟は関西地区に所在する学校教育法に基づく大学・短期大学・
       専門学校および法律によって設置された大学校の卓球部を以て構成する。
       但し大学院・通信教育の学生は除く。

(加盟手続き)
第8条 本連盟への加盟は常任幹事会の決議を要し、所定の手続きをしなければ
       ならない。

(加盟校の義務)
第9条 本連盟の維持費・登録費は毎年指定された期日までに納入しなければ
       ならない。納入金なき場合は加盟資格を失するものとする。

(登録内容)
第10条 加盟校は毎年指定された期日までに部長・監督・コーチ・主務・
        主将および選手を登録しなければならない。
  
  ※但し、追加登録及び何らかの理由で登録できない場合は、学連本部に
        申し出ること。

(出場資格)
第11条  本連盟に登録した選手は出場資格を有する。但し、当該年度の
          4月1日現在で28歳未満の者に限る。尚、本連盟の登録期間(満4年)を
          履修年限 とし、一旦大学を中退した場合および学生の途中より登録
          した場合はその者に残された履修年限を登録期間とする。
          但し、次の各号に該当する加盟校および登 録選手は、本連盟および
          日学連主催の大会に出場できない。

 1.登録期間(満4年)を越えた者(履修年限が、6年制の大学はその期間)。
     一旦大学を卒業した者。但し、短期大学より上級大学へ進学する者に限り、
     卒業生として取り扱わない。
 1.停学謹慎中の者はその期間中。
 1.本連盟に類似する団体を組織し、あるいは加盟した者。
 1.本連盟の許可なく他団体に加盟またはその競技に出場した者。 
     但し、日本卓球協会および市町村に基づく大会、医歯薬および国公立の
     大会は除く。
 1.上記以外の特例が生じた場合その処分については、常任幹事会で審議する。



登録校変更前
登録実績
(a)

変更先

登録校変更後
通常履修年限 (b)

再登録
可能期間

(c)=(b)-(a)

0

短期大学

(2年制)

1

26

再登録不可

0

4年生大学

(4年制)

1

2

3

46

再登録不可

0

医科歯科大学

(6年制)

1

2

3

4

5

6

再登録不可

0

その他
(専門学校など)

16

再登録不可




第 4 章   役     員

(役   員)
第13条 本連盟に次の役員を置く。

 1.会長(以下OB役員)   1 名
 1.副会長        若干名
 1.監査役        1 名
 1.相談役        若干名
 1.理事長        1 名
 1.副理事長       2 名
 1.理事         30名以内(役付役員を含む)
 1.各種委員長      各1名(理事より選任)
      (企画運営・広報・ルール審判・強対・財務・総務)
 1.幹事長(以下学生役員) 1 名
 1.副幹事長       1 名
 1.会計幹事       1 名
 1.書記幹事       1 名
 1.常任幹事       若干名
 1.幹事         若干名
 1.技術員        男子5名、女子5名
 1.組合わせ員      若干名


(役員の任務)
第14条 役員の任務は次の通りとする。

  1.会長は、本連盟を代表し会務および本連盟主催の大会を統括する。
  1.副会長は、会長を補佐し、会長に事故ある場合はその職務を代行する。
  1.監査役は、本連盟の事業及び財産並びに会計についてと、全役員の業
    務執行状況を監査する。
  1.相談役は、会長が必要と認める事項についてその諮問に応じ意見を述べる
      ことができる。なお、理事会に出席して意見を述べることができる。
  1.理事長は、本連盟の理事を代表し、理事会を統括する。
  1.副理事長は、理事長を補佐し、理事長に事故ある場合はその職務を代行
        する。
  1.理事は、本連盟常任幹事会の審議、執行を円滑ならしめる為に必要事項を
      審議する。
  1.各種委員長は、各種委員会を運営・統括および諸施策を講ずる。
  1.幹事長は、本連盟の学生役員を代表し、本連盟の運営に関する諸般の事務を
      統括する
  1.副幹事長は、幹事長を補佐し、幹事長に事故ある場合は、その職務を
   代行する。
  1.常任幹事は、幹事長を補佐し、本連盟の事業に関する事務を分掌し、
   審議決定する。
  1.幹事は、幹事長並びに常任幹事を補佐する。
  1.技術員は、学生卓球技術の向上、発展をはかり競技細則、組合わせ、
   器具等の技術部門を担当する(特に強化対策委員会とは協力を密にとる)
  1.組合わせ員は組合わせ会議において技術員を補佐する。


(役員の選任方法)
第15条 役員の選任は次の通りとする。

 1.会長は、理事会及び、常任幹事会の合議により決定する。
 1.副会長は、理事会の推薦により、理事会及び常任幹事会の合議を経て
   会長が委嘱する
 1.監査役は、会長がこれを委嘱する。
 1.相談役は、会長がこれを委嘱する。
 1.理事長は、理事の互選により決定する。
 1.副理事長は、理事長の推薦により決定する。
 1.理事は理事会および常任幹事の推薦により会長が委嘱する。
 1.各種委員長は、常任幹事会の推薦により理事会にて審議の上、理事長が
     委嘱する。
 1.幹事長は、新旧両常任幹事の互選により決定する。
 1.常任幹事は、現常任幹事の互選により新幹事の中から決定する。
 1.会計幹事は、新常任幹事の中より幹事長が任命する。
 1.技術員・組合わせ員は新旧常任幹事の互選により決定する。
 1.幹事は各大学より互選し、会長が委嘱する。
 1.学連委員は、各校より当該校の部長、監督の推薦により1名を選出する。
   尚、学連委員の変更は直ちに学連本部に届け出なければならない。

(名誉役員)
第16条 本連盟に名誉会長、名誉顧問を置くことができる。

(顧問、参与、相談役)
第17条 本連盟に顧問、参与、相談役を置く事ができる。顧問、参与、相談役は
        理事会の推薦により会長が委嘱する。

(役員の任期)
第18条 役員の任期は次の通りとする。

 1.会長、副会長、監査役、相談役、理事長、副理事長、理事、各種委員長の
     任期は2年とし、幹事長、会計幹事、常任幹事、幹事、技術員は1年とする。
 1.名誉会長・顧問・参与の任期については特に定めない。
 1.欠員および増員によって就任した役員の任期はその前任者の残存期間とする。

(学生役員資格の喪失)
第19条 学生役員は、その所属校が本連盟を脱退した時および本人が所属校の
    卓球部の籍を失った時は役員の資格を失う。

(改 選 期)
第20条 役員改選は原則として任期満了前に行う。但し重任は妨げない。

第 5 章   機     関

(理 事 会)
第21条 理 事 会
 1.理事会は理事をもってこれを構成する。
 1.理事会は本連盟の審議機関で必要に応じ会長がこれを召集し理事長が
   運営する。

(常任幹事会)
第22条 常任幹事会
 1.常任幹事会は本連盟の審議機関であり、事業の執行機関で幹事長がこれを
     運営する。
 1.常任幹事会は幹事長・副幹事長・常任幹事・幹事をもってこれを構成する。

(監督・主将会議)
第23条 監督・主将会議、本連盟が各種大会の競技進行を円滑、推進ならしめる
        為に、随時会長がこれを召集する。

(学連委員会)
第24条 学連委員会
 1.本連盟の最高議決機関で、各大学の代表者を以て構成し、会長がこれを
     召集する。
 1.毎年春季に定例総会を開催し、議長には幹事長があたり次の事項を議決する。
   (イ)事業報告 (ロ)決算報告 (ハ)事業計画 (ニ)予 算 
      (ホ)学連幹事の互選  (へ)その他の重要事項

(各種委員会)
第25条 各種委員会
 1.本連盟の指導機関で、理事および常任幹事を以て構成し、理事長がこれを
     召集する。
 1.委員会は次の通りで、委員長がこれを運営する。
   (イ)企画運営委員会 (ロ)財務委員会 (ハ)強化対策委員会
   (二)ルール審判委員会 (ホ)広報委員会 (へ)総務委員会

(技術員会)
第26条 技術員会

 1.技術員会は必要に応じて幹事長がこれを召集し、運営する。
 1.技術員会は本連盟の技術面を担当し、シード会議・ランキング審査会議等を
     行う。

(会議の招集)
第27条 各会議は構成員の3分の1以上の要求があった場合および会長が、
    特に必要と認めた場合には会議の目的を明示し、臨時に招集する。

(定足数および議決)
第28条 各会議は構成員の過半数の出席を以て成立し議決は出席者の過半数を
    必要とする。学連委員会は構成員の3分の1以上の出席を以て成立する。
    やむを 得ず各会議に欠席する場合は委任状を提出する事ができる。
    尚、委任状提出者は出席とみなすが議決権はない。

第 6 章   賞     罰

(褒   賞)
第29条 本連盟の目的達成のために著しく貢献した者に対し、会長は常任幹事
    会の審議により理事会の承認を得て賞を贈ることができる。

(除   籍)
第30条 加盟校が、本連盟に類似する団体を組織し或いは本連盟の承諾なく
    他の団体に加盟した場合、常任幹事会の審議により理事会の承認を
    経て除籍することができる。

(罰   則)
第31条 加盟校および登録選手が本連盟の対面を汚し、義務を怠り、規定および
    目的に反する行為があった場合、常任幹事会の審議により理事会の承認
    を経て厳重なる処置を講ずる。
    第1項.罰則の重さをAランク、Bランク、Cランクと定める。
    第2項.会場での判断の場合、その場にいる最高責任者が罰則の重さを
        判断する。

第 7 章   会     計

(会計年度)
第32条 本連盟の会計年度は事業年度と同じく毎年1月1日より12月末日とする。

(収  入)
第33条 本連盟の収入は次の通りとする。
 1.連盟運営料
 1.選手登録料
 1.新規加盟料
 1.各大会参加料
 1.賛助金(顧問・参与)
 1.寄付・その他

(経  費)
第34条 本連盟の経費は第32条の収入をもってこれにあてる。
        尚、第33条による収入は一切返済しない。

(会計報告)
第35条 会計は会計監査役及び理事会、常任幹事会の承認を経て学連委員会に
        報告しなければならない。

第 8 章   規 約 改 正

(規約改正)
第36条 本連盟の規約改正は常任幹事会で審議し、理事会で審議の後、
        学連委員会で承認を得なければならない。

第 9 章   附   則

第37条  本連盟は本規約の他に事業実施細則を設ける。
第38条  本規約および細則は昭和43年4月1日より之を実施する。
本規約および細則は、昭和46年4月
1日より之を改正実施する。
本規約および細則は、昭和56年4月
1日より之を改正実施する。
本規約および細則は、平成
5年4月 1日より之を改正実施する。
本規約および細則は、平成10年4月
1日より之を改正実施する。
本規約および細則は、平成11年4月
1日より之を改正実施する。
本規約および細則は、平成14年4月
1日より之を改正実施する。
本規約および細則は、平成19年4月
1日より之を改正実施する。
本規約および細則は、平成20年1月
1日より之を改正実施する。
本規約および細則は、平成22年3月15日より之を改正実施する。
本規約および細則は、平成26年4月
1日より之を改正実施する。


TOP↑

 ◆関西学生卓球連盟事業実施細則

第 1 章   関西学生卓球リーグ戦

第1条 リーグ戦は1年に春と秋、各1回行う。

第2条 リーグ戦における1・2部校の登録数は部長・監督・コーチ各1名と
    選手は主務を含め12名以内とする。3部校以下は8名以内とする。
       登録者以外はベンチに入ることはできない。

第3条 監督・選手の変更は大会初日の2日前まで連盟までに変更願い提出で
       認める。コーチの変更は試合当日の試合前に連盟まで変更願い提出で
       認める。

第4条 リーグ戦における順位は次の方法で決定する。
 1.順位は試合得点(勝者2点、敗者1点、棄権0点)によって計算し、
    同じになった場合下記の方法で順位を決定する。
 
   1.2校間の試合得点が同じ場合、2校間の勝者を上位とする。
 
   1.3校間の試合得点が同じ場合、3校間の対戦結果を抜き出し、
    試合得点を比較する。
    これで決まらない時は
         勝マッチ÷負けマッチ
         勝ゲーム÷負けゲーム
         勝ポイント÷負けポイントの順に計算して順位を決める。
    これで決まらない場合は、くじにより決める。(日本卓球ルール2.10.4)
 
   1.4校間の場合も3校間と同じとする。
                                
第5条 リーグ戦は男女とも4部リーグとする。
       →(ただし、出場チーム数により編成が変わる場合もある。)

第6条 1部リーグにおいてよく健闘した選手に殊勲賞を授与する。
       又、各部において健闘した選手に敢闘賞を授与する。
    両賞は常任幹事会および技術員の推薦により決定する。

第7条 審判員に対する抗議権は監督に限る。ただし監督不在の場合は、
       コーチ、コーチも不在時は主将に抗議権がある。

第8条 ゼッケンのない選手の出場は認めない。
       日本卓球協会発行のゼッケンを使用する事。
       但し、関西学生卓球選手権大会シングルスランキング者は、
    関西学生卓球連盟発行のゼッケンを使用する事。

第9条 各部入替戦はリーグ戦終了後原則として1週間以内に行い連盟役員が
       必ず立ち合う。試合方式は上位リーグ戦方式を採用する。

第 2 章   関西学生卓球選手権大会

第10条 ランキングは男女単16位、男女複8位までとし、男女単はベスト8
        決定戦より決勝まで7ゲームマッチの4ゲーム先取、男女複は決勝
        まで5ゲームマッチ3ゲーム先取とする。

第 3 章   関西学生卓球新人大会

第11条 出場資格は、1〜4回生とする。ただし、以下の4つの項目に該当する
        選手は出場できない。
      ・過去に関西学生卓球選手権大会でシングルス、ダブルスのいずれかに
        おいてランキングに入ったことがある者。
      ・過去に全日本卓球選手権大会に出場したことがある者。
           (大学生になってから。)
      ・過去に全日本学生卓球選手権大会に出場したことがある者。
      ・過去に関西学生卓球新人大会でシングルス3位、ダブルス2位
        までに入ったことがある者。

第12条 本大会のランキングはもうけない。

第 4 章   会長杯争奪卓球大会

第13条 出場資格はその年度において1部にて試合をしたチームの選手および、
        過去並びに現在日本卓球協会、日本学生卓球連盟、関西学生卓球連盟
        ランキング選手を除く選手とする。

第14条 本大会のランキングはもうけない。

第15条 シード順は昨年度の総合ランキングおよび各大会のランキング順を
        原則とし、後、過去の実績に基づくものとする。

第16条 常任幹事によって作成された競技組合せは常任幹事会の承認を得なけ
        ればならない。

第 5 章   関西学連交流卓球大会

第17条 出場資格は関西在住の大学生(大学のOB・OG可)、一般チーム
        各府県先着8チーム以内、各府県中学生以下招待チーム、各府県高校生
        招待チームとする。

第18条 原則として12月の1週目に行い、競技種目は団体戦のみとする。

第 6 章   各大会への外国人留学生の出場について

第19条 各大会への外国人留学生の出場については、日本学生卓球連盟
        内規第3条を遵守し、団体戦のエントリーは2名まで、出場はそのうち
        1名で単複いずれか1回に限る。
        個人戦については男女各2名以内とする。

第 7 章   各大会の棄権について

第20条 各大会にエントリーした選手が、特別な事情なくして棄権した場合
        には、以後の大会に出場を禁止することがある。なお、やむを得ず
        棄権する際には正式文書を大会前に提出しなければならない。

第 8 章   シード会議

第21条 シード会議は幹事長と技術員、組合せ員および幹事長の指名する
        若干名の常任幹事で構成され、幹事長がこれを召集し統括する。

第 9 章   審判長の権限

第22条 審判長は審判員を統括し、選手および社会人審判員、学生審判員は
        審判長の指示に従い、試合場のトラブル は審判長の裁決によるもの
        とする。
        
第23条 審判員は原則として審判員資格取得者が連盟主催の各大会において
        審判をつとめることとする。尚、リーグ戦においての学生審判員は
        3回生以上の者(短期大学においては2回生)が望ましい。

第 10 章   対外試合の学連代表チーム編成

第24条 代表チームの監督・コーチは常任幹事会で推薦し、理事会で審議のうえ、
    会長が委嘱する。

第25条 代表選手は常任幹事会および強化対策委員会で選考のうえ、理事会に
        はかり,会長がこれを委嘱する。加盟校の責任者は代表メンバー決定後、
        学連の要請に応じて監督・コーチ・選手の派遣に協力する。

第 11 章   各種委員会

第26条 各委員会に次の役員を置く。
 1.委 員 長  1 名
 1.副委員長  1 名 
 1.委  員  若干名

第27条 各種委員会の任務は別途定める。

第 12 章   強化対策委員会

第28条 強化対策委員会の任務は次の通りとする。
 1.委員長は理事・常任幹事・加盟校並びに在野の指導者より若干名を委員に
     推薦し、会長がこれを委嘱する。
 1.副委員長は委員長を補佐し委員長に事故ある場合は職務を代行する。
 1.委員の任期は2年とする。但し重任は妨げない。
 1.加盟校の指導者と提携し技術の向上をはかる。
 1.合宿・合同練習等で技術指導をする。
 1.学連代表チームの選手を選考する。
 1.強化対策の年間スケジュール・予算等を常任幹事会に提出する。

第 13 章   企画・運営委員会

第29条 企画・運営委員会の任務は次の通りとする。
 1.委員長は理事・常任幹事より若干名を委員に推薦し会長がこれを委嘱する。
 1.副委員長は委員長を補佐し委員長に事故ある場合は職務を代行する。
 1.委員の任期は2年とする。但し再任は妨げない。
 1.本連盟主催の年間事業日程を作成する。
 1.本連盟主催の各種大会の要項を作成する。
 1.本連盟主催の事業についての改善案を検討する。
 1.新規事業・行事について検討する。
 1.各種大会の開閉会式を含む運営内容を検討し運営する。 


第 14 章   ルール審判委員会

第30条 審判委員会の任務は次の通りとする。
 1.委員長は理事・常任幹事・加盟校並びに在野の指導者より若干名を
     委員に推薦し、
    会長がこれを委嘱する。
 1.副委員長は委員長を補佐し委員長に事故ある場合は職務を代行する。
 1.委員の任期は2年とする。但し重任は妨げない。
 1.公認審判員養成のための講習会の開催と資格試験を毎年行う。
 1.公認審判員の審判実務の指導・育成を行う。
 1.大会の適用ルールの制定、改訂の検討と管理を行う。
 1.上記の目的は、加盟員への卓球ルール普及、競技者としてのマナーの
     徹底を行い、競技大会の円滑な運営と公平な審判実務の実践を目指す
     ものとする。

第 15 章   広報委員会

第31条 広報委員会の任務は次の通りとする。
 1.委員長は理事・常任幹事・加盟校並びに在野の指導者より若干名を
     委員に推薦し、会長がこれを委嘱する。
 1.副委員長は委員長を補佐し委員長に事故ある場合は職務を代行する。
 1.委員の任期は2年とする。但し重任は妨げない。
  1.対外的広報活動をする。
  1.本連盟主催の各種大会において取材・撮影規定を周知・管理をする。
  1. ホームページの管理運営をする。
         
第 16 章   財務委員会

第32条 財務委員会の任務は次の通りとする。
 1.委員長は理事・常任幹事・加盟校並びに在野の指導者より若干名を
     委員に 推薦し、会長がこれを委嘱する。
 1.副委員長は委員長を補佐し委員長に事故ある場合は職務を代行する。
 1.委員の任期は2年とする。但し重任は妨げない。
 1.当該年度の事業計画により、各委員会と調整し予算計画を立てる。
 1.学生幹事の出納および会計処理を監査、指導する。
 1.海外遠征や記念行事に備え、基金を設立し、管理する。
 1.決算にあたり、帳簿と証憑書類をチェックし、
    「決算報告書」が適正に作成されていることを確認する。

第 17 章   総務委員会

第33条 総務委員会の任務は次の通りとする。
 1.委員長は理事・常任幹事・加盟校並びに在野の指導者より若干名を
     委員に推薦し、会長がこれを委嘱する。
 1.副委員長は委員長を補佐し委員長に事故ある場合は職務を代行する。
 1.委員の任期は2年とする。但し重任は妨げない。
 1.理事会・常任幹事会・学連委員会の運営(資料・議題作成)を行う。
 1.関西学生卓球連盟規約、及び実施細則の更新を行う。
 1.大会プログラムの作成を行う。

←BACK |TOP↑

Copyright 2005 Kansai Students Table Tennis Federation All Rights Reserved.